医療法人 広仁会 広瀬病院
menu

がん化学療法について

 抗がん剤と呼ばれるお薬による治療を「がん化学療法」といいます。乳がんの治療としても行われます。
 抗がん剤には、がん細胞全体を攻撃するタイプの薬(細胞障害性の抗がん剤)の他に、がん細胞にある特定の標的をねらって攻撃し、正常な細胞にはあまり打撃を受けない「分子標的治療薬」とよばれるお薬があります。

 抗がん剤にはがん細胞の増殖を抑えたり死滅させたりする働きがあり、全身に拡がったがん細胞をたたく有効な手立てとなります。手術後の再発を防いだり、がんによる症状をやわらげ、患者さんの日常生活をより良い状態に維持したりするという大切な役割も担います。

 抗がん剤には内服薬や注射薬などがあり、がんの種類や患者さんの状態、治療方針などによって、それぞれの患者さんにもっとも適したお薬が選択されます。またより高い効果を期待して他のお薬と組み合わせたり、放射線療法と組み合わせたりすることもあります。

 多くの副作用は、早期発見による早期対処によって、軽減することができます。治療を受ける患者さんが、治療の内容や副作用を理解することは、治療効果の向上にもつながる大切なことなのです。
 治療を安全に受けていただくことができるよう、お薬によるおもな副作用とその対策、副作用をできるだけ軽くするための日常生活の工夫などについて、おもなことがらをまとめています。

抗がん剤による副作用について

 抗がん剤は体内に入った後、血液の流れに乗って全身に運ばれがん細胞を攻撃します。
 ただ、この時、抗がん剤はがん細胞だけでなく正常な細胞も傷つけてしまうことがあり、これが副作用となり現れてしまいます。
 がん化学療法において副作用は避けて通れないものですが、副作用が現れるのを最小限に抑えながら、効果を最大限に引き出すことが大切です。このためがん化学療法は効果と副作用のバランスを秤(はかり)にかけながら進めていくことになります。
 抗がん剤による副作用の種類や程度はお薬によって違いがあり、個人差も大きく関係します。最近では抗がん剤による副作用をやわらげるための治療法が進歩しています。
 副作用と上手に付き合いながら治療を続けられるようになってきました。

副作用と日常生活のポイントについて

副作用が起こる時期について

 副作用には個人差があり、すべての患者さんに現れるとは限りません。また、使用するお薬の種類によって、副作用の種類や程度などもさまざまです。副作用の中には重症化すると危険なものもありますが、早い段階で気づいて直ぐに対応すれば、あまり心配は要りません。
 副作用の現れる時期は、副作用の種類によって異なります。よくみられる副作用と、現れやすい時期をまとめています。

※ 画像をクリックすると拡大図がご覧いただけます。

日常生活について

Q. 抗がん剤治療中のスポーツや仕事、旅行は問題ありませんか?
A.
 好きなことでストレスを発散するのは、がんと上手に付き合いながら治療を続けていく上でとても大切です。仕事やスポーツは、ひどく疲れない程度なら続けて頂いて構いません。旅行は点滴のスケジュールに大幅な遅れが出ないようであれば、担当医師とご相談の上、是非気分転換にお出かけ下さい。

Q. 旅行するときに注意することは?
A.
 ①起こりうる副作用とその対策について十分に理解する
 ②目的地やスケジュール、緊急時の対応について担当医師と事前に相談しておく

Q. サプリメントを併用してもよいでしょうか?
A.
 一般薬局で市販されているようなビタミン類などはほとんど影響がないと思われますが、実際に服用される前に、まず担当医師に相談することをお勧めします。
 それ以外のものに関しては、抗がん剤と併用した場合どんな影響があるのか(効果を弱めたり、副作用を強めたりする)分かっていないことが多いので、やはり十分に相談することをおすすめします。

副作用と日常生活のポイントについて

先頭へ